行政書士の資格習得を目指すなら質のいい勉強をすることが大事

勉強道具

保育の4年制の学校

婦人

4年制のメリット

保育士になるためには、専門学校や短大に通うという方も多いですが、大学に通って保育士のことについて学ぶメリットもあります。大学は4年間という長い時間があるため、保育士の実習の時間を多く取ることができます。専門学校や短大の場合は、短期間に授業や実習を詰め込まれるため、時間的にあまり余裕がないと言われています。3年制の専門学校の場合は、ある程度時間に余裕が持てますが、短大や2年制の専門学校では、忙しく、実習が入るとアルバイトをする時間も取ることが出来ない所も多いです。時間に余裕を持って、保育士に関することを多く学びたいという方は、大学を選択したほうが良いでしょう。保育士で必要となる資格の他に、保育をする上で役に立つ、特別支援教育教論や小学校教論一種なども取得することが可能です。大学では保育士の資格以外にも、他の勉強も行うことができるため、専門学校などに比べると、自由度が違っていきます。保育士ではなく、他のことを学びたくなった場合は、そちらに方向転換できる大学もあるため、選択肢を広げたいという方は、そちらの大学を選択するようにしましょう。保育士を目指したいけれど、他にもやりたいことが迷っているという方も、大学に行くのはありでしょう。学校を卒業した後の就職先での給料ですが、大学のほうが専門学校や短大よりも、比較的高く設定されていることが多いので、給料の面で優遇されるというメリットもあります。